2014年11月

おまるまるおです!

前回記事で悩んでいた「新レンズ」ですが・・・・決定いたしました!!

 

候補1:SIGMA 18-300 F3.5-6.3 DC MACRO HSM



おそらく予想通りであるwww

やっぱり便利ズームにするには望遠幅は広い方がいいし。
18-200mmにして、安くなってる70-300mmも買おうかと思ったけど、それでは荷物を減らすという目的にも合わないし。

ということで、ちょっと高いけどこっちに決めちゃいました!!

しかし!!ここで大問題が!!!

「発売日12/31」 
あれ!北海道間に合わないじゃん・・・・・・。

まぁでもいいんです。今あるレンズも全然悪いレンズじゃないし。今までこれで神戸やら飛騨高山やら行ってきたんだし!!

高い買い物なので焦って後悔はしたくないので、新レンズは正月撮影用に取っておきます!
中山競馬場に新春競馬でも見に行ってこようかな!


ということで、楽しみは少しお預けになってしまいましたが北海道楽しんできます!
その前に夜景練習しないと・・・・。楽しみがいっぱいです。 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

おまるまるおです。

年末に北海道旅行が決まりました!もちろんバシバシ写真を撮ろうと思うのですが、1つ不安が・・・

雪が降ったらレンズ交換できるかな? 

冬の北海道。大雪なんてことも十分考えられます。

今所有しているレンズ(焦点距離別)
  1.  18-55mm F3.5-5.6
  2.  50-200mm F4-5.6
  3.  35mm F2.4
こんな感じです。単焦点以外はキットレンズです。

普段は35mmを着けていますが、旅行で撮り歩いていると割とレンズ交換の頻度も高い気がします。

そこで今回は

旅行時につけっぱなしにできる便利ズームを一本買う!

これでとりあえず万事解決のはずです!


ということで

候補1 : SIGMA 18-300mm F/3.5-6.5 DC Macro OS HSM



まだ使ったことのない300mm。
使ってみたいな~。かっこいいなー。6万弱かー。高いなー。


候補2: SIGMA 18-200mm F/3.5-6.3 DC MACRO HSM


3.5万!やすい!でも、ちょっと古いなー。それに250mmってちょっと半端な気もするしなー。うーん。



候補3: SIGMA 18-200mm F/3.5-6.3 DC MACRO HSM


PENTAX用が載ってなかった!くやしいいいいいい!
18-200mmってもろ今のレンズの補完だし、東京競馬場行ったときにもうちょっと望遠欲しいと思ったし。
う~ん。




と、気持ち的には「候補1」にしたいけど、経済的に・・・
もうすぐボーナスだし買っちゃおうか。


とりあえず今後の計画としては、便利ズーム一本のあとは単焦点マクロやオールドレンズ等を集めていきたいと思ってます。
そう考えるとやっぱり「18-300mm」かな。


レンズ構成についてのアドバイス等頂けたらうれしいです。

それではまた!
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

おまるまるおです。

このカテゴリでは初めての投稿になりますので、軽く説明を。

以前社内のイベントで受講した「ポジティブ心理学」
いかにも胡散臭い名前。前向きに考えればなんでもうまくいくよ!!という講義でした。

この手の話はあまり信じない方ですが気になることが1つありました。

「寝る前に当日あったいいことを3つ書き出すと運気が良くなる」 

運がいいことに越したことはないからやってみるかー。いいブログネタになりそうだし。。。。

ということで!あまり物事を前向きにとらえる方ではないので、毎日といいのは厳しいかも知りませんが極力いいことを見つけて書いていきたいと思います。


 

11月25日のいいこと。。。

  • 給料日
今日は給料日です。ここの所厳しい台所事情が続いていますが数少ない潤いを感じる日です。
このまま減らないでくれ!ぼくの口座!


  • 写真が好評を頂けている。
Twitterに撮った写真をアップしているのですが、ここの所リツイートやらファボやらたくさんして頂けます。
そこからフォローしてくださる方もいて新しいつながりにうれしく思ってます。
やっぱり写真は一人で眺めているより、いろんな人に見てもらう方が面白いですね!向上心も湧いてきます!


  • 北海道旅行予約しちゃった♡
年末どこいこかなー。どっか行きたいなーと思っていましたが、ついに北海道予約しちゃいました!

ふぉぉぉぉぉう!!楽しみだぜーーー!!待ってろよカニ!ウニ!ラーメン!!

いやー、超うれしい!夜景撮る練習しよー!!あぁぁぁ楽しみ!



はい。内容薄いですね。今後徐々に面白い文章が書けるように精進したいと思います。
それではおやすみなさい。 
このエントリーをはてなブックマークに追加


おまるまるおです。

「東京駅」日本の玄関口です。丸の内駅舎から皇居に向かって真っすぐ抜ける広い道とその脇にそびえるビル群は圧巻です。
私も六本木に勤めておりますが、やっぱりこの丸の内は格が違うという感じがします。

そんなお仕事の街「丸の内」ですが、写真を撮るのにも素晴らしい場所です。

お昼は何回も来ていますが、夜は初めて!

三脚を買って夜景撮影ができるようになったら、一番に東京駅丸の内駅舎を!!

と思っていたので、念願叶った形です。
 
 

東京駅丸の内駅舎 

定番の正面から。
 
_IMG1653-1

か、、かっこいい。
近代的なビル群の中にあっても全然古臭さを感じないません。

この場所からの画が変わることってあるのでしょうか。
東京駅と皇居の位置関係が変わらない限り、この景色は永遠に続く気がします。
それとも今では想像できないような革新的な街づくりがあるかな?それはそれで見てみたいですが・・。

日本の駅ってなんかどこに行っても同じような形になってしまって正直つまらないです。
せめて県庁所在地の中心駅くらいはいろいろとこだわって作ってもいいのではないでしょうか。
そしたら、観光客も少しは増えそうな気がするけどなー。
と勝手に思っております。昔はそうだったのかな?

_IMG1656-1

KITTE側の出口です。 
「闇に浮かぶ宮殿」って感じです。少し厨二臭がしますwww

東京駅って魅力的に見える角度とか撮り方とかたくさんあると思うんだけど、今の私では中々それが見つけられないし、思い通りに撮る技術がないです。
くやしいな~。こんなにかっこいいのに。

_IMG1657-1

KITTE屋上庭園から。
夜でも明るい東京の街!ちょっと憧れだったテールランプの線も撮れました。うれしい!
工事とタクシーの感じがレースサーキットみたいに見えちゃいました。
有楽町あたりからをホームストレートにして、皇居周回でF1とかやらないかな。


という事で今回は初めての三脚使用でしたが、思うように扱えない。周りの人の邪魔ではないか気にしすぎてしまってなかなか写真の方に集中できませんでした。
これから練習してもっとスマートに三脚を使えるようにしたいですね。そしたらまた東京駅に戻ってこようかな。
いや、むしろ東京駅で練習しようかな。

とにかくこれからも撮り続けたい場所です。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

おまるまるおです。

寒くて寒くて震えております。

そんな三連休は金欠のため大人しくする予定でしたが「六義園」に遊びに行っちゃいました。
目的は紅葉ライトアップの撮影です。

ライトアップの撮影は初めてなので練習もかねて!下手なのは大目に見てください。

 

六義園-ライトアップ-

六義園・・・恥ずかしながら正しく読めませんでした。
「ろくぎえん」あれ?変換がうまくいかないなー。と思っていたら「りくぎえん」なんですね!勉強になります。 
_IMG1538-1

そんな「六義園」ですがチケット売り場は大行列でした。
以前「旧古河庭園」にバラを見に行った時もそうですがこういう公園はいい季節になるとたくさんの人が押し寄せるんですね。
季節を感じにくい東京ではこのような場所に来て季節を感じようとします。

_IMG1552-1

人が多くて、立ち止まって写真を撮るのもままならない状態でしたがなんとか・・・
園内には、敷地の広さの割りにお茶屋さんが多かったです。

池の周りに3軒。少し入った川のほとりに一軒。さらに奥にもう一軒。見つけただけで5軒もありました。
それぞれ違う雰囲気が漂っており、本来は自分の好みのお茶屋でゆっくりと過ごすのがこの庭園の楽しみ方なのかなと思います。

私はこのひっそりとしているお茶屋さんが気になります。


_IMG1557-1

日も暮れてまいりました。
ますます混み合って来てます!木々が多いせいか早い時間から暗くなりはじめました。
もう17時には真っ暗ですね。

_IMG1616-1
_IMG1627-1

あまりの人の多さにじっくりと撮影はできませんでしたが・・。

園内はライトアップ後の三脚使用は禁止されていたので、ISO感度を上げ、絞りを広げて撮りました。
ただ、ライトアップて証明の位置や光の当たる角度で全然写真の写り方が違うんですね。
なんだか、肝試しの写真みたいなのが多くなってしまいました。

あと、こういう夜景や紅葉撮影時は色温度を高くしてみた方がいいのかな??

まだまだ勉強することばかりです。



読んで頂きありがとうございました!
アドバイス等して頂ければうれしいです!




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ